Welcome

 

東南海地震の備え

震災に関しての備えというのは、事前にしておかなければいけません。


事が起こってからではもう完全に遅いのです。
ですからご家庭でも防災グッズは常に常備しておくようにしましょう。

ホームセンターや通販なので防犯グッズ一式がリュック的なものに入って、売っているので。
それを購入するのが簡単ですね。水とかろ過装置、缶詰などが一式入っています。


いざというときにこれがあるとないとでは雲泥の差ですから。

震災時にはサバイバルになることももちろんあります。
救助を待つために何日も一人で過ごさなくなるかもしれません。
精神力は大切ですが、それだけでは人間の身体はもちませんからね。

 

最低限の水や食料を常に持ち出せる形で備蓄しておくというのはとっても重要です。

 

為替相場でもFXシグナル配信の検証などは非常に大切です。



危機管理の意識の徹底

防災についての講習会などにいっても、どこか上の空で聞いている人が結構多いです。
まず自分の身には降りかかってこないだろうと思っているんですね。

 


神戸市の人ならば阪神大震災があったんで、ある程度の危機意識はみについていると思うのですが。

今まで大きな震災を実際に体験してない人は、それほど意識が高まらないようです。
これは仕方ない面もあるとは思うのですが、いざという時に困ってしまうのは自分ですから。
周りの人が意識を高める手伝いをしてあげるというのも効果的かもしれませんね。

私も出来る限り危機管理の啓蒙活動はしていきたいと思います。

 


まずは身近な人から。
体験談などを交えて話をするのも効果的ですよね。

災害時の安心はお金で買えるものではありません。日頃の準備と意識が肝になります。

 

まぁお金で買える物ももちろんないとは言えません。それは備蓄であったり、丈夫な家であったり。しかしそれも危機意識によって生み出されるものだと個人的には思っています。人それぞれ金銭的な余裕は異なるでしょうが、自分の出来る範囲で最大限の準備をしておくことが重要になるかと。

 

私自身は緊急時の防災リュックみたいなのは準備しています。家自体は賃貸のアパートなんであんまり期待できないかな・・・・。一応地盤的には台地らしいので、最初の揺れを乗り切ればなんとかなるような気もしています。体力づくりも地味に大切でしょう。震災時は公共交通機関であったり自動車が利用できないケースも十分に考えられますから。

 

信用出来るのは自分の身体と心構えってことですかね。

 

 



能登半島へ出向く

仕事関連で能登半島へ出張にいくことになりました。


どうも顧客先のシステムの急なトラブルらしい。
本来は自分が良く予定ではなかったのですが、うちの会社も人員不足で・・・

丁度プロジェクトが終わった私に白羽の矢がたったということです。
けっこうな大口のお客さんなので迅速に全力でやらなければなりません。


でもエンジニア1人で解消できるものなのかな?

リモートコントロールで本社とはある程度は、共同作業できると思いますけど。
復旧作業の道筋を考えるのは私の役目ですので緊張感が高まります。
ですがスキルアップになるのも事実。

 

こういったトラブルをスムーズに解決してこそ一流のエンジニアといえると思うので。

 

 

政府の防災意識

内閣府のホームページにも東海大地震の防災情報が掲載されています。
どれほどの人がこのページに目を通しているのかわかりませんが。


地震時における防災強化地域や被害の想定、対策方針などの情報が掲載されています。

国の情報だけあって有益な情報が掲載されているので東海地方の人はぜひ目を通しておくのがよいでしょう。
災害というのはいきなりやってきますから。
起きてからでは準備などする暇はありませんから。

 

日本では過去に関東大震災や関西大震災などの大災害が起きています。
どちらも完全な予想などまったく出来ていません。
地震予知の分野は研究が進んでいるようですが、まだまだ実用できるまでには至ってません。

 

自分自身の防災意識が非常に大切といえるでしょう。

 

 

 

コルクマットを活用して子供の遊び場作り

東京はとっても便利な街だけど家賃相場が高いのが問題。

 

わがやも夫が都内に通勤していて終電で帰ってくることも多いので必然的に都内に住むことに。

やっぱり通勤時間が2時間とかだと過労で死んじゃいますもんね!

ここは多少の出費があっても夫の身体を一番に考えたい。


でも想像していたよりも大分狭い間取りのマンションに暮らすことになってしまいました。


間取りは1LDKなんですけど、8畳と6畳。

2歳の子供がいるのでこの広さだと正直きつものがあります。


夫婦2人の時はなんとかなったんですけど、ここに子供が加わると色々大変。


ベビーベッドがまずあるし、遊び場もつくんなきゃいけない。

工夫が必要とされるわけですよ。


ちなみに広い物件に引っ越す!って選択肢はありません。


貯金もあんまりないから引越し資金がまず持ったないし、今のマンションは周りの相場的には割りとお得なので。

 

ロフトベッドみたいなのを置こうかと最初は思ったんですけど圧迫感があってNG。


なので収納はベッド下にまとめることに。


あと問題があるのはベビーベッドと遊び場スペース。

 

これまではベッドから一人で動かけなかった息子も大きくなってきて家のなかを歩きまわるように。
キッチンとかは色々物が置いてあるからあんまり入ってきて欲しくないんですよね。


包丁とか危ないものもあるし。

だから部屋の隅のスペースに遊び場をつくることに。


具体的にはコルクマットを2畳スペースくらいに敷き詰めました。
無理やり正方形っぽい形にしてね。

 

ここにおもちゃを勢揃いさせて子供の定位置にさせています。
これがすっごく正解で、子供はこのスペースを気に入った様子。


ご飯が終わってもすぐにコルクマットのスペースに行くし、なんか拗ねた時もここに戻ってくる。

寝る時は私達と一緒の布団で寝るんですけどね☆


あと2年くらいは今の物件に住みたいので、それまではなんとか飽きずにいてくれ〜。

 

ちなみに我が家が買ったコルクマットはやさしいコルクマットという商品。
コルクマットランキングで堂々1位ということでかっちゃいました。

 

品質は問題なく丈夫そうなので子供の遊び場には良さそうですね。ペットとかでも利用できると思います。

気になった方はぜひチェックしてみてください〜。

 

 

30代頃から意識する肉体疲労と老化具合

 

ふー、今日も疲労困憊な管理人でございます。


もうちょっと睡眠時間を増やす必要があるとひしひし感じている今日この頃。


20代の頃の体力が今俺にあったら完璧なのにな、、と感じてしまう自分はおっさんなんでしょうね笑

先月で36歳になりましたが、そろそろ肉体的な無理をするとダイレクトに体調に響いてくる感触を実感しています。


これからはもっと頭を使って効率よく仕事しないとな。


今までやってきた経験はこれからそうするために使う必要があるんだと思う。

でも仕事のポジションは会社が決めるからあと3〜4年は現場の最前線で働きまくる予感っすよ。
疲労対策しないとなー。


ビタミンB2とクエン酸のコラボが疲労回復にイイと職場の奴が言ってたから試してみたい。

食事とかに組み込むのは無理だから、マツキヨでサプリを買って1ヶ月は継続してみよう!


まぁ疲労回復に関しては対策を立てられるからいいんだけど、問題は老化の方。
正直髪の毛の量が日に日にマズくなっているような気がしてしょうがありません!!笑

 

あー髪の毛の量だけは昔から自慢だったのになぁ〜、「俺は絶対禿げない!」とか周りに公言してたし。


30代も後半になってるから年齢的にもしょうが無いっていえばそれまでなんだけどね。
まだ独身ですし、周りから見られる自分の姿ってのが気になるわけですよ。

 

俺みたいなブラック企業勤めの中年リーマン&ハゲのコラボはまず間違いなく結婚からは遠ざかってしまう確率たかいですからね!!

育毛対策も今後は力を入れないとまずいわけですよ。

 

でも爆笑問題がCMしてるAGAの薬とかは副作用が怖いから、まずはシャンプーから変えてみる。

発毛シャンプー系の商品は腐るほどあるけど、今月末までのキャンペーンやってたからまず↓のシャンプーを試してみまっす!

 

男性も女性も使える発毛シャンプーのランキングと効果について
http://hatsumou.sakuraweb.com/

 

まーこれだけで髪が生えると思ってはいませんが、髪が生えるための頭皮の下地は大切だからね。


これは大きい仕事を成し遂げる時も一緒ということで。

 

いずれ本格的な育毛剤やら発毛剤やらを使わなきゃいけない時期もくると思うけど、まずはこのシャンプーで現状の髪の毛の量を維持したい。

 

会社には薄毛で悩む男なんてワラワラいるから、ソイツらに聞いてみるのもいいね。目指せ肉体年齢20代。


東京でも霙と雪

朝方に雪がちらほらと降っていたようでしたね。


私は半分寝ていたので、あまり記憶はないのですが(笑)
今年は比較的雪が降るのが遅いんじゃないかなぁ??

 

例年は12月の終わり頃降っているイメージだったので。
しかし雪が降ると出勤が大変です。
なんといっても自転車通勤できないのが大ダメージ。

 

嫌いな電車にしぶしぶ乗ることにしました。
こういう日は湿気も多いし、列車の中もかなり不快度は高いですから。
ストレスが溜まってしまいます。

 

そんなストレスを解消するために今日は仕事終わりに牛角に良く予定。


昨日のお願い!ランキングでも特集されたし、食欲は万全(笑)

 

 

手ぶらの美学

変化の早いビジネスの世界では「保有していない者が強い」と言われますが、手ぶらってのは何かと捗るものです。


私も仕事がある時は仕方がないんですが、オフの時ではなるべく何も荷物を持たないようにしています。


持ったしてもミニショルダーくらいなものかな?

 

なぜ手ぶらでいるかというと、開放感がとっても心地よいから!
普段思いビジネスバッグを持っていると、どうしてもフットワークが重くなりがちです。


仕事帰りに買い物によろうと思っても、バッグが思いだけで帰宅という選択肢を選びがちになってしまうこともありますし。

手ぶらスタイルは気軽で心地良いのは魅力的ですが、意外と困ることも。


それが「財布をどこに入れるか」という点

 

私はビジネスの時はいつも長財布を愛用しているのですが、オフ等でジャケットを着ない時は仕舞う場所にいつも難儀しています・・・。
ズボンの後ろポケットに入れたらちょっと不恰好だし、スリにあう確率も高まるだろうし。

 

だからジャケットを脱いでランチしにいくときなんかはいつも片手に財布を持ったまま移動しています。
でもこれだと片手がふさがってしまうのでスマートとはいいがたいですよねぇ。。。

 

上記のような悩みを長年もってきたわけですが、ついに解決策となるアイテムを見つけたんです!!

それがスーパークラシックという通販サイトで販売されている超コンパクトな財布

 

http://2han.minim.ne.jp/(←参考HP)

 

まずこのキーケース並みのサイズにびっくり。


さらにはお札を折らないで収納できるという点にめちゃくちゃ惹かれました!

 

お札を折って使うのはスマートじゃないですからね。
とある先輩が常にピン札を使っているのを見て以来、私もお札は常に新品を常備しています。

 

カラーもいっぱいあるし、デザインもスーツにもカジュアルにもマッチする感じだから問題なし。


早速ブラウンのやつを買ってみましたが、具合は最高です。

私の手ぶらスタイルがぐーんと快適になったのを日々実感しているほど

いや〜世の中には便利なアイテムがあるもんですねぇ。


このアブラサスっていうお財布はその構造に特許を取得してるほどですから、相当開発には力を入れているのでしょう。

長く付き合えそうな相棒に出会うことが出来ました。

 

手ぶら好きで、嵩張る財布に悩んでいる人はぜひお試しを〜。

 

 

想定外の大震災

今回の自身は東北関東大震災という名称で今後は呼ばれるようですね。追記:東日本大震災という呼び方が認知されたようですね。wikipediaのページ


現時点で2万人以上の死者及び行方不明者が出ています。この数字が日々増えていることに心底恐怖を覚えます。


今回津波の影響を受けた沿岸の街でも、仮設住宅の建設が始まった様子。

ですが、まとまった土地を探すのが難しかったらしく、津波で流された跡地に建てるとのこと。


そこに住む予定の住民たちから猛烈な反対があったようですが、他に候補地がなく結局そこに建築されそうですね。


避難所にいる方も体力的・ストレス的に限界かと思います。

 

他県に親戚や友人などがいて、生活の基盤を移せる人は移住出来るかと思いますがそんな人は間違いなく少数派。
今回の震災で財産をうしなった人も大勢います。


保険が下りると行っても、保険会社も膨大な処理があるので、いつ自分の手元にお金が入るのかは誰もわかりません。

東京電力に対して賠償金を請求するといっても、裁判は時間がかかりますし。


復興のための募金やボランティアの皆さんが各地から集結していますが、実際に復興するのはまだまだ先なのが現実です。

今後も最大余震はM7クラスが予想されます。
東京直下地震や東海・南海地震の存在も無視出来ません。

 

精神的には辛いかもしれませんが、辛いのは皆同じ。
今はまだ油断せずに、常に緊急事態に対応出来るよう、緊張感をもって日々の生活を送るべきだと感じます。

 

 

三ヶ月たってもまとめブログで取り上げられる

311地震発生当時の状況晒せ
http://blog.livedoor.jp/ringotomomin/archives/51644620.html

 

といった記事がニューシングやはてなブックマークなどのソーシャルサービスで取り上げられていました。


震災後1ヶ月くらいはこの話題ばかりでしたが三ヶ月たってもまだまだ取り上げられるほどの出来事なのですね、改めて事の重大さを感じています。


ですが日本人は気楽というのか、三ヶ月たてばもう過去のことのような気もしています。

まだ避難所で生活されている人が多くいるのは事実ですが、保険金関連はもうとっくに振り込まれているらしいし。
仮設住宅の建築も急ピッチで勧められているらしいですから。


でも気になった話題が一つ。今避難所で生活している人たちはこの後どうするのか?

正直今避難所にいる方は他にいくところの当てがなくお金もないから避難所にいると思うんですね。
避難所にいれば家賃もかかりませんし、食事も三食でるようなシステムがくまれている。


プライバシーがない、という問題に目をつぶれば出費は相当少ない環境です。

保険に入っていなかったり、資産が流されてしまった人はこれからどうしていけばよいのか?

 


それに明快な答えを出せる人はまだいない気がします。

全体的には少し落ち着いてきたのかもしれませんが、これから細かい問題がどんどん露見してくるでしょう。


企業の倒産問題も含め、今後数年は事態の収拾に時間がかかりそうです。